読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり最後には笑っていたい

母と私のこと、私の病気のこと、日常生活のなんてことないことも書いていきます。

私には理解できない

前回の記事を書いた翌日に父に心をズタズタに傷付けられました。

もう30代でしょ、いつまで親に守ってもらおうと思ってるの?と言われるかもしれないけど、親って無条件に子供を助けてくれる存在じやないんですか??

あの日、もう何回目かわからないけど父に心をズタズタにされて、母に助けを求めた。

父に注意してよって訴えた。

だけど母には、『私はその瞬間を見てなかった。』とか『そういうことしかできひん人やと思い。』と言われて取り合ってもらえませんでした。

父からの仕打ち、母に取り合ってもらえなかったこと、ずっと我慢してたけど爆発してその日の夜に泣き叫んでしまって、主治医から何かあった時、入院させてもらえるようにと書いて貰ってあった紹介状宛ての精神科病院に連れて行ってと母に言ったけれど『なんで?』って言われて、泣き叫んだ時も父にキレられたし、この家にいたら私本当にいつか死を選んでしまう。

だけど今はさすがに入院となったらかかるお金は親に頼らなければならない状態なので、母の『なんで?』をふりきって強行突破はできませんでした。

助けても守ってもくれない、でも入院もさせてもらえない、私どうやって生きていけっていうの?

安心できる環境で療養したい。

また同じことが起こるのは目に見えてるから。

あの日以来ほとんど眠れてない。

ご飯も水分もロクに受け付けない。

20代前半の頃の鬱がかなりひどかった時期にあった焦燥感がずっと続いてて怖い、限界。

父に傷付けられて、母には助けを求めても助けてもらえないとか、何の為に私は産まれてきたのだろうと思う。

子供からしたらこんなことしかできないのなら、自分たちのエゴで子供作るなよって心底思っています。

結局、私は都合のいい使い捨ての駒なんでしようね。